アシスタント2年目が結婚しました。早い?いやいいと思います。



おはようございます。

毎日寒いですね。
もう寒くてダメです。




先日、2年目のアシスタント横沢が結婚致しました。
早い?
いやいいと思います。

幸せそうで何よりであります。
真っ白いタキシードをチョイスする勇気は
僕にはありません。



彼は高いバイタリティーをもち、
モチベーションをひたすら
維持できる自燃タイプです。
褒めるとさらに燃えてくれます。

きついこと言っても全然へこたれません。

多分、ちょっと頭悪いです。

先輩としては単純でやりやすいので
助かっています。笑



一度、落ち込んだりしないの?
と聞いたことありますが、

「浅野さんに怒られてる自分も好きなので
全然大丈夫です」

と言われました....笑


こいつはヤバイ。と思いました。

クセが強い。


自尊感情の高さは誰よりもありそうです。
ポジティブなのはネガティヴよりも
1000倍武器になりそうです。笑


なんだかんだ可愛いやつです。




僕も同じ時期に結婚しましたが、
美容師で2年目で
結婚するのは早いとよく言われてます。
22歳の年ですね。



なぜならまだアシスタントで、
自分で売上も上げないし、
収入も少ないからです。

夜も遅いし、
たくさん練習しないといけないし。

でも早く身を固めるのもいいと思います。

背負うものが出来て余計に頑張るし、
自分1人のことだけ考えるのではなく、

相手のことも考えながら生活して、
人間的にも成長出来ます。



ただ自分がいる環境で、安心して働けて
この先の自分がどうなっていくか
想像出来る場所にいないと
ダメだと思います。


例えば三年後にはスタイリストとして、
売上100万を上げるとか。
ここで頑張れば大丈夫というような
イメージができるような場所で
働いていないと将来が不安になります。


先輩がお客様に支持されてなくて、
楽しそうじゃないと
そんなイメージも湧きません。


だから上にいる人は、
結果出してないと下の子は不安になります。
先が見えなくてつまらなくなります。


いい循環で回ってないと、
やっぱりダメですね。


僕はオーナー越えしたいですねー笑



美容師は技術でお金を頂く仕事。
もちろんそれだけではありませんが、
自分の技術にお金を頂くということは
並大抵のことではありません。


自分が努力して積み上げた分だけ、
お客様をhappyにできる可能性が
広がると思ってます。

その分お客様に喜んで頂いてる
瞬間は最高です。


こんな楽しい仕事なのに、
離職率が高いのは残念です。



話がそれましたが、

なんにせよアシスタントで、
家庭を持つことは
凄くいいことだと思います。

横沢のご両親に挨拶したとき、
お父様に言われたのですが、

多少なら殴ってもいいので、
ビシビシ鍛えてやって下さい。

と、

なんだか嬉しかったですね。
そのスタンスで親御さんが居てくれると、
こちらも本気なので厳しくやらせて頂きます的なのが言いやすいです。


両家ほんとうにいい家族でした。




女性陣はボロボロ泣くほどいい結婚式でした〜


お客様から要望がたくさんあったので写真たくさん載せておきます。


おめでとうございます〜🐥










































clipclip asano blog

asano daisuke 髪の毛、健康、日々のこと、書いています。

0コメント

  • 1000 / 1000